高級時計を所有することの5つのデメリット

 

前回の記事では、
高級時計を所有することのメリットについて、
話をした。

 

メリットが存在すれば、
当然デメリットも存在する。

 

そこで今回は前回とは逆で、
高級時計を所有することのデメリットについて、
話をしていこうと思う。

 

普通に高い

 

まず初めに、
普通に高いこと

 

高級時計は普通に高い。

 

高級時計もピンキリであり、
数十万円くらいで割と高級時計の中でも手がつけやすいものから、
中には数百万円、
そしてそれ以上の金額がかかるものも存在する。

 

勿論、
購入する人の収入や所有する資産で、
高級時計自体を高いと感じない人もいるかもしれないが、
普通の社会人の感覚であれば
高級時計は非常に高価な高い買い物と言えるだろう。

 

高級時計は高いから高級時計なのだけど、
その高いという点が、
最大のデメリットのように思う。

 

維持費もかかる

 

次に、
維持費もかかること

 

高級時計は購入して終わりというわけではなく、
特に機械式(自動巻き)の時計の場合、
3〜5年に1度、
オーバーホールという機械洗浄が必要になってくる。

 

オーバーホールは時計やメーカーにもよるが、
大体3万〜5万円の費用がかかることが多く、
この維持費がかかるという点も、
高級時計の確実なデメリットになっているだろう。

 

無くても全く困らない

 

そして、
無くても全く困らないこと

 

正直な話、
高級時計は無くても全く困らない

 

高級時計が必ず必要な職業というのはほとんど存在せず、
(一部ホストやキャバクラ嬢のような、
夜の仕事などは高級時計などを身に着けていた方が有利な場合もあるだろうが、
それでも必須というわけではないだろう。)
無くてもほとんど困らないものに、
これだけの金額と維持費を出せるのかという問題もある。

 

そこまでステータス性が無い

 

次に、
そこまでステータス性が無いこと

 

高級時計はそこまでステータス性は無い。

 

なぜならば、
時計に興味が無い人は、
仮にあなたがロレックスの時計をつけていようが、
パネライの時計をつけていようが、
その時計が高級時計かどうかを認識することさえ出来ないからだ。

 

高級時計に興味がある人は、
私の実体験上そこまで多くないので、
高級時計を持つからといって、
そこまでステータス性があるわけでは無いということである。

 

他に有意義なお金の使い方は無限にある

 

最後に、
他に有意義なお金の使い方は無限にあること

 

高級時計を購入するなら、
その金額でもっと有意義なお金の使い方が出来る。

 

高級時計を買うお金で、
好きな場所に旅行も行けるだろうし、
好きな食べ物もたくさん食べることが出来るだろうし、
自分の好きな本や漫画、
好きな洋服なども大量に購入することが出来るだろう。

 

高級時計を購入するよりも、
もっと有意義なお金の使い方は、
無限に存在するのである。

 

終わりに

 

以上が、
高級時計を所有することのデメリットである。

 

特に、
高級時計を購入する際もそうだし、
維持費に関しても高級時計はそれなりにかかるので、
そういった部分を考慮して、
問題無いと思わない限り、
高級時計を所有するメリットは希薄だろう。

 

ただ、
あなたが時計がむちゃくちゃ好きな場合
自分の好きな高級時計を持つというのはありだろう。

 

自分に合ったブランド時計の選び方